« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

久しぶりのチョコミ画像・2

ちょっと前に撮ったものになりますが…

可愛かったのでこちらも掲載。

_s

大好きな糸瓜に顔を乗せております。

可愛いな~(親馬鹿)

そんなチョコミ。

今年入ってすぐに体調を崩しまして、正月早々に市内にある夜間救急動物病院へ駆け込むという騒ぎがありました。1月3日頃でしたでしょうか…正確に言えば4日かな。日付が変わっていたので…。

正月だったので夜中まで同居人と起きていたのですが、チョコミの様子が少しおかしく「どうしたのかな?」とチョコミのサークルの中を見たら微量ではありますが血がついていたのです。驚いた私たちはどこから血が出ているのか確認するためにチョコミを抱っこして体を検査。そしたらなんと、お尻の辺りから出血していたのです…。

ちなみに兎は生理は無いです。とても弱い動物なので繁殖機能は強く出来ているらしく年中発情可能らしいのです。ですから、生理の出血では無いので尚更どうして出血しているのか考えれば、どこか体調(この場合膀胱系か子宮系)を悪くしているに違いないと、救急病院に深夜連れて行きました。片道高速使って1時間。その間チョコミの体調が急変しないかとヒヤヒヤしながら行きました。ついてすぐにエコーで診てもらい、診断の結果は「卵巣に膿が溜まって少し腫れている」と…。

チョコミは結構頻繁に発情っぽい行動をとっていたので、それで子宮の動きが活発になりホルモンのバランスも悪かったみたいですが、黴菌が入ったのも体調の悪化のせい。…これは飼い主が悪いので、チョコミに申し訳なかったです。掃除はしていましたが、床はやはりチョコミにとっては悪いものが沢山。今後のチョコミスペース改善のための検討課題になりました。そして夜間病院でチョコミにとって初めての“お薬”を頂いてその日は帰りましたが、「近くの掛かりつけ病院にいって、手術も検討したほうがいい」と言われ…。

兎さんは手術のストレスに耐えられず、そのままお月様へと帰ってしまう子も居る聞くので、手術はできればしたくないと正直思いましたが、チョコミの体のことを考えればそうも言っていられません。卵巣摘出手術してしまわないと再発・悪化するとのことでしたので、正月明けて掛かりつけている動物病院が開き次第にチョコミを連れて行き、入院・手術の方向へと話がすんなりと決まりました。

そして手術。

手術の日から入院中はチョコミが居なくて寂しいやら心配やら…

チョコミが一番痛くて怖くて淋しい思いをしているんだから!

と思っていましたが、それでもかなり心配でした。

同居人なんか毎日嘆いていました。

現在は元気にしていますが、手術後は傷も生々しく、痛いのかあまり動かずに居たので同居人と一緒にかなり心配しました。傷が治るといつものチョコミでしたけどね(笑)今なんかもう自由奔放すぎて困るくらい!(笑)でもそれくらいがチョコミらしくていいです。

長くなりましたが、そんなこんなでチョコミは毎日元気です。

うちのワガママお嬢様は今日も飼い主をその姿の可愛らしさと捻くれた性格で振り回してくれています。

どんどん振り回して長生きしておくれ。

そのためには努力を惜しまないからね。

_s_2

           _s_3

元気が一番!!

| | コメント (2)

久しぶりのチョコミ画像!

本日はチョコミの画像を久しぶりにアップします。

結構数が多いので記事を分けて投稿。

まずはこちらから…

5_s 本日、うちの家庭菜園にて採れたラディッシュを貪るチョコミの図。

チョコミは実の部分より葉の部分が好きらしく、いつも人参やラディッシュをあげると葉っぱばかり食べます。そして、葉が食べ終わると「葉っぱ、もうないの?」と辺りを探し始めたり…(笑)  「葉っぱは終わったよ。これは食べないの?」と実の部分を目の前に見せるとようやく「これも食べられるんだ!」と言わんばかりに飛び付いて食べ始めます。

ラディッシュチョコミ画像を何枚か立て続けに…1_s

おいしそうに食べてるなぁ。2_s

取ってきた甲斐がありました。

| | コメント (0)

バレンタインとマンマ・ミーア!

本日は同居人と映画を見に行きました~。

バレンタインという事でカップル(寧ろアベック)がぞろぞろ…

いいんです。私たちもある意味カップルですから。

どの映画を見ようか最後まで悩み、結局「マンマ・ミーア!」を観ました。

うん。面白かったですよ。

元がミュージカルですので、映画の中でも歌やダンスのシーンが満載で私は大変楽しめました。笑えるシーンも多くて元気の出る映画だなという印象を持ちましたが、ミュージカルが好きではない人や観慣れていない人は、いきなり歌いだしたり踊りだすのは少し“観ているこっちが恥ずかしい”的気分になるのかな?

私はミュージカルは好きですし、観ていて違和感は感じなかったです。寧ろこういう映画大好きです。観終わって自分も元気になれる映画っていいですよね。疲れているときとかには自然とそういう映画を選んでしまいます。パワーが欲しいんだろうなあ。

お気に入りがまた増えましたv

そして、本日はバレンタイン!

同居人とチョコの交換をするべくデパートのチョココーナーを物色。お互いの好きなチョコを交換し合う事になっていたので、お互いが自分の好きな形やブランドのチョコを探したのですが、私のチョコはすんなり決まりました。といいますか一目ぼれですね。

そのチョコの画像がこれ。

_s_4

綺麗ですよね!!

手鞠の模様ですよ。

私の好みにクリーンヒットでした。

そういえば、今年は「逆チョコ」とか言って男の子から女の子へチョコを渡すというCMや広告を多く見かけましたが、そのチョコレート業界の思惑は成功したのでしょうか?いったいどれ位の男性が女の子にチョコレートを渡したのか、ほんのちょっぴり気になるような気にならないような。

まあ、どちらでも良いんですけどね(笑)

とりあえず、好きなチョコ食べれたので私は満足です。

| | コメント (0)

お題「バレンタイン、チョコはこうあげたい!もらいたい!

コネタマ参加中: バレンタイン、チョコはこうあげたい!もらいたい!

さて、本日はネタ2連発で行きます。

たまには時事ネタもよいだろうと、バレンタインネタに参加です。

…が、う~ん、これにどう答えようか今更悩んでいたり(笑)

中学時代は友達と交換が主。

高校時代はよく貰っていました。(女子高)

社会人になってどうかな…もう、あんまり覚えてないや(遠い目)

どうせあげるなら楽しんでもらいたいのでサプライズプレゼントをチョコと一緒にあげたいな~と毎年思いながら、試行錯誤しています。成功しているか否かは別の話として。いや、喜んでくれてるとは思いますけどね(笑)友人でも恋人でも、チョコをあげたときに喜んだ顔が見ることが出来たら満足です。お返しは要らない。あ!でも、こう言って「いらないっていったじゃん~」とか言いつつお返しのことを全く考えない男は好きではないです。お返しはなくとも「誠意」のみ欲しい。「モノはないけど僕の時間のあげるよ」くらい言える男がいいですね。(自分で言っといてなんですが、想像して“クサッ”と思ってしまった/笑)

ちなみに女の子の場合は無条件でお返し無くてOKです。

ええ。女の子には甘いですよ。

自分がもらえた場合は例え義理でも喜ぶので、とくに“こうしてもらいたい!”とかは無いです。いつもありがとうとか、好きだよとか、義理だけど一応とか、気持ちが何となく入っていればいいです。(ぇ

今年は一応あげる予定ですが、何のサプライズと一緒にチョコを渡そうかギリギリまで悩むつもりです。

| | コメント (0)

お題「あなたの得意料理を教えて!」

コネタマ参加中: あなたの得意料理を教えて!

得意、とまではいかないけれど2人暮らしの時に好評だったものなら…

・生姜焼き

・オムレツ

・オムライス

・出汁梅おじや

…かな。

出汁梅おじやは、おじやと言うよりお粥に近いかな。

同居人が風邪を引いて食欲がない時に作ってあげたら、「これなら食欲無くても大丈夫!」と言ってたくさん食べてくれたものです。結構いけますよ。胃が弱ってる時とかに食べるのもオススメです。梅の酸味と出汁の香りが食欲をそそります。

うん。これは得意かもしれない。

生姜焼きやオムレツ・オムライスは比較的簡単で美味しいのでよく作ってました。

基本、料理はそんなに得意では無いですが、お菓子だったりちょっとしたおかずを料理本片手に作るのは楽しくて好きです。“創作する”のが好きなんでしょうね。味が伴っているのかどうかは別として(笑)

現在は実家暮らし(同居人も進行形で居候中)ですが、時々料理をするけれど楽しいですね。私と同居人の料理が両親の口に合っているのかどうかはまた別の話だけども・・・(苦笑)美味しいと思ってくれてると思っておきます。

| | コメント (0)

お題「チェンジ」

コネタマ参加中: あなたが“チェンジ!”したいものは何?

ブログネタなるものに初参加。

オバマ大統領の様な革命的チェンジとは違うけれど、

ささやかなチェンジなら私も“こうしたいな”とか思うことはある。

その中でも時々思うのは、違う自分になりたいと思うこと。

かなり個人的で恥ずかしいけれど…

大それたこと言えるほど世界を知らないので、このくらいで丁度良いのですけど、

う~ん。それにしてもちゃちなチェンジ願望だな。

変わるとしたら革命起こせるくらいの自分になりたい。

若い頃はそれこそ小さな革命で周りが溢れてた気がする。

傍から見ればそれこそちゃちで幼稚な革命でも、子供の自分には必死だった。

あれを一途というのだろうか。

大人になって知識は増えたけれど、邪魔な概念も増えた。

その割にはまだまだ考えは子供で手におえない。

大人になりたいと思う反面、あの頃に戻りたい。

我儘に育ったな、と自分で自分に苦笑してしまう(笑)

今はただ、日々を流れに任せて生きている。

けれどいつかまた子供のころの様に、目まぐるしい感情の中で小さな革命を起こしたい。

穏やかな日々は好きだけれど、何かに打ち込んでいるあのアツイヒビが私は好きだ。

それにしても、何となく参加したブログネタだけれど、参加してみてよかった。

最近は日々の忙しさに自分を見つめることも忘れていた気がする。

改めて、自分の内面を知れたような、ハッと気付いたようなそんな感覚だ。

明日からまた私は日々に埋没していくのだろうけど、少し頑張れそうな気がする。

そう、気付いた。

また面白いネタがあったら参加してみようかな。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »